声だけで誰もがあなたに会いたくなる

私、仕事で年間数十本と皆さんの前に立って話をする機会があります。逆に勉強として聞くことも多いんです。そこでよく感じるのは、話す内容は素晴らしいのに、なかなか耳に入ってこない。周りを見ても、あまり聞いてもらえないという人がいます。書店に行くと、敬語の使い方、話し方、最高のスピーチ等々たくさんの本が並んでいます。

話に引き込まれるような話をする人はそういった本を読んでいるのでしょうか。読んで勉強している人も多いと思いますが、読んでない人もいるんです。もともと話すのが上手だったのというと、そうではなく、ただただ話に夢中になっている人が多いようですね。

アメリカの心理学者メラビアンさんの統計によると、私たちが初対面で相手を判断する材料は「視覚」「聴覚」「言語」で決まるそうです。その中で、「言語」(話の内容)については、7%しか影響しないようです。「視覚」(外見)は55%、「聴覚」(声の高さやトーン、テンポ)は38%を占めるようです。

今回は、38%を占める「聴覚」声についてお伝えしましょう。

1.モテる声は?

会話が脳に届くのは、まずは声。そして内容が後から入ってきます。そこから、人は声を本能的に心地よい声か、耳障りな声はを判断します。

さらに、男女でもその完成には差があります。女性のほうが完成は豊かですから、どんなに甘い言葉を言っても、優しい言葉をかけても、声が不快と思われたらアウトです。理屈ではなく、「何となくイヤ」と男にとってはわけわからないことを言われてしまうのです。では、嫌がられる声をご紹介します。

  • こもった声 聞き取りづらいので相手にストレスを与える
  • 小さい声  気弱で消極的なイメージを与える
  • 大きな声  無神経で自分勝手なイメージを与える
  • 甲高い声  神経質でうるさい、感情的だというイメージを与える
  • だみ声   聞き取りにくく狡猾なイメージを与える

上記の嫌がられる声には気を付けてくださいね。では、心地いい声はどんな声でしょうか。「心地よい声」をしているだけで、その人に会いたくなります。

女性同士の会話を聞いていると、「落ち着いた低い声がいい!」って意見がよく出てきます。例えば、福山雅治さんとかセクシーな声してますよね。僕も何回もモノマネしてカラオケで歌ったりするんですが、ウケがいいのは実感しています。知性や信頼感を感じるのは低い声なんですね。報道番組のアナウンサーを見ていても、きゃぴきゃぴした高い声というよりも落ち着いた低めの声を出している様に聞こえます。その方が聞いている方も安心感があります。

2.声はコントロールすべき

欧米ては大統領や政治家はボイストレーニングを受けるのが通例だそうです。同じ内容を言われても、話す声の大小によって印象が変わるからです。そういった経験は皆さんもしてるんじゃないでしょうか。例えば、電車の中で大声で話している声。うるさいなーと思うわけです。内容がどれだけいい話でも関係ありません。公共の場で、状況を考えず話されるととても不快に感じます。公共の場は決してプライベートの空間ではないのです。

逆に、会議で小さい声で話していると周りの人に聞こえません。良い企画書を作成していても、それが無駄に終わってしまうということがあります。「え?なんて言ったの?」「もっと声張ってくれ」と、周囲の人をイラつかせます。ビジネスということを考えても、好ましいとはいえません。声が適切なのか、大きいのか小さいのか分からないという方は、自分の声を録音して聞いてみてください。自分の改善点に気づきます。

私自身、研修講師という仕事をさせていただいていますが、自分に自信が持てるようになるまで、自分の声を録音して聞き直すことで改善点を多く見つけることができました。声が小さくなるタイミングに傾向があったり、早口になってしまうことに気が付いたりします。私のおすすめの声をコントロールする方法です。

3.声はどこを向いているか

声の大きさを変えることができたら、今度は誰に向かって話しているかを意識してみてください。これだけで伝えたいことは伝わります。

私はよくコンビニにいきますが、深夜のコンビニで、コンビニを出るときに聞こえる「ありがとうございました」は誰に向けていっているのかよく分からないことがあります。そんな言葉が耳に入っても何にも思いません。音が発されただけで、心には届いていないのです。

相手に伝わらない挨拶や、何となく声に出してもエネルギーと時間の無駄です。さらにはあなたのイメージを下げてしまうかもしれません。もし、職場で後輩に資料を渡されて顔も見ずに「ありがとう」と言っている人がいれば、きっとその声は相手に届いていません。異性に何かしてもらった時、恥ずかしさもあって顔を見ることができずに「ありがとう」と言っても相手に伝わりません。顔を見てその人に向けて言うようにするだけであなたの想いは相手に伝わるものになります。さらに、「私に言ってくれているんだ」と好感度も高まります。

4.話すスピードを調整しよう

プレゼンになると、緊張すると早口になってしまうという方いませんか。実は私もそうなんです。聞き取りやすければ早口でもいいと思いますが、周りの反応は度外視で進んでいき、聞いている人を置いてけぼりにしてしまうことがありました。早口がいけないのではなく、相手に伝わらないのがいけないんです。

早口になってしまう人は相手の目を見て話すようにしましょう。そうすると、相手が聞いてくれているかよく見えます。良く見えると、「この人は聞いていないな」とわかるようになってきます。そうしたときに、その人が聞いてくれるように工夫することで話し方が変わります。時には早口になり、時にはゆっくりになり、その結果相手が聞き取りやすい話になっていきます。

伝える」ことと「伝わる」ことは異なります。いろいろ伝えたい気持ちわかりますが、「伝わる」方法を考えるのが一番の近道かもしれません。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

応援クリックお願い致します!