モテたいなら褒め方に気をつかえ

どうも、まえさんです。今回は狙っている異性を褒める方法についてお伝えします。

先日、お客様のコミュニケーションを見ていて「男性が喜ぶ褒め方をしてますね」と言ったら、褒め方に男女差があるんですかと聞かれました。そうなんです、あくまで傾向の話をしますが、あります。

どちらが良い悪いというつもりは毛頭ありません。褒められたときに嬉しいポイントが異なることは頭に置いておいた方がいいでしょう。

読者様に質問です!みんなの前で男女とも同じように称賛していませんか??

合コンでも、職場でも、どんな時でも、褒め方には注意したいものです。

男性への褒め方

男性の多くはは仕事とプライベートを分けて考えています。仕事は勝ち負けを競うところだったり、プライベートじゃないんだから楽しむものではないというような先入観でものごとを考えてしまいます。そのため、「仕事が楽しめない」という方が多い方が多く、つまらない平日を過ごすという方が多い印象があります。

男性は、勝ち負けの世界がすきなので、好敵手(ライバル)やみんなの前で「さすがだ、よくやった」と褒めてもらうことで、勝者として気持ちよく、誇らしい気持ちになります。

単純明快すぎます。そう、僕もみんなの前で褒められたら、照れくさい反面、調子に乗りがちです。

女性への褒め方

女性は仕事とプライベートをあまり切り離して考えない傾向にあります。どちらも楽しんでいく場所として考える傾向にあります。そのため、仕事で嫌な思いをしたら、仕事が終わった後も切り替えができず、プライベートで関わった人に対しても嫌いに感じてしまうことがあります。

また、感性豊かで、タテマエや協調というものをしっかり考えることができます。そのため、みんなの前で一人だけ褒めるということは避けた方が無難です。自分だけが目立つような褒め言葉は、特に職場ではしてほしくない、周囲の人たちの手前、バツがわるいんです。

それなのに、男性諸君、気になる人だけに「今日も素敵ですね」と声をかけていませんか?それを聞いていた周囲の女性は何を思うでしょう。「○○さんの事だけ褒めて、どうのこうの」ってロッカーでの話題に上がってしまいます。内心彼女は嬉しかったとしても、女性社会の和を乱すことはマイナスであり、「チャラチャラしてるわ」と同調せざるを得ない状況にもなります。だからといって、全員に「今日も素敵だね」と声をかけるわけにはいかないです。

テクニック①全員を褒めろ

第三者と話すときには、全員をしっかり褒めるようにしてください。「うちの女性社員はみんなすごく手際が良くて助かる」「女性陣がいると心強い」とね。全員のことを褒めておくと、それを聞いていた人の好感度は間違いなく上がりますし、一人の好感度を上げておくと、他の人にも伝わっていきますよ。

テクニック②一人の時に褒めろ

一人で仕事をされているときや、たまたま廊下ですれ違った時に偶然を装って声掛けしてみてください。「最近、髪切ったね」「その服に合ってるね」と具体的に褒めてください。具体的に褒められた方が、”テキトー”感がなく、ちゃんと見てくれているんだ、気づいてくれるんだと思います。一人の時に褒められると、周囲の和を乱すこともないので、きっと喜んでくれます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

応援クリックお願い致します!