デキるやつは背中で語る

背中の広さは男性らしさの象徴です。後ろ姿で目を引く女性もいます。どんどん後姿を見せていきましょう。

「子供は親の背中を見て育つ」なんて言葉も聞かれるくらい、背中はその人が映る重要なパーツです!男性なら誰しも気になる異性の後姿をじっと見ているはずです。(あれ、、、僕だけじゃない。。。よね??)なのに、なぜみなさんは背中をそんなにも無頓着かつ無防備でいられるので祖父か。「後ろ姿なんか見られていない」と思っているなら甘すぎです!

人間は後ろ須賀rがだと容赦なく視線を送ることができるので、シャイな人でもじっくりと観察しています。研究データからも、女性はあまり正面切って率直な関心を表しにくいにもかかわらず、実は男性よりも女性の視線活動の方が旺盛であるとされています。つまり、めっちゃ見られてます!

オフィスでも書類を渡して歩いていくあなたの後姿は見られています。カフェでレジに進むあなたも見られています。エレベーター前方のあなたも見られています。いつもあなたの後姿はしっかりと見られているのです。

昔のヒーローたちってこういうイメージありませんか?戦いが終わるとなぜか「ここ見ろよ」とばかりに夕日に「背を向けて」強さをアピールする。女性ヒロインにはあまり見られませんが、プリキュアとか見るとそういうシーンもやっぱりあります。

背中の何が大事??

やはり美しい後ろ姿は男らしさや、強さの象徴を物語る最適パーツと言えるのでしょう。ここでいう美しさとは、首から背中までまっすぐにシャキーンと伸びていることです。

これだけでリーダーシップや躍動感が演出でき、ライバルたちにっ差をつけることができます。私がマナー研修や姿勢の研修をするときには背中を意識して行動するように指導しています。そうするだけで見違えるほどかっこよくなりますし、そうすると仕事ができるようにも見えます。(実態はおいといて笑)

いろんな場面で背中語りを実践してみてください。プレゼンの場面でも背中を美しく見せる、エレベーターでも背中を見られている意識を持つなど。

もう一つ言いたいことは、誰かの前に立っていただき、背中を見せていただきたいです。

誰かの背後にばかりついていると、その人物があなたの主導権を握っている気がしてくるものです。リーダーとしての自信と自覚を持つためにも他人の背中を見るよりも、皆さんが背中を魅せてみてはいかがでしょうか。

ただし、後姿を魅せる3大リスクは抑えておいた方がいいでしょう。

  • フケ・抜けた髪の毛
  • スーツのしわ
  • 猫背

これがあるだけで、後ろ姿は台無しです。注意しておいてまず間違いないです。

ビジネスでモテる人は後ろ姿が間違いなく素敵です。それはいつも誰かに見られているので、背中にも緊張感が走っているからです。まずは明日からでも意識してみてください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

応援クリックお願い致します!