豊かな人生を送る3つの「間」

私がコンサルタントとして少しずつ活躍するようになって、これはなんとなく楽しいな、これは楽しくないなといろいろ思っていた時にある話を聞いて、「なるほどな」と思ったので紹介させていただきます。

豊かで充実した人生を送るためには、知識や能力を高めるだけでなく、【3つの間】を意識することが大切だそうです。

1つ目の間【時間】

一つ目の”間”は”時間”です。お金持ちの人も、そうでない人も、能力の高い人もそうでない人も、1日が24時間であることは変えることができません。どんなに大きな財や権力を持っていても、時間を増やしたり減らしたり、買ったり売ったりすることはできないのです。1日という時間は誰にも平等に与えられていますが、この”時間”の使い方こそが人生を大きく左右します。

一方で、明確な夢や目標を持っている人ほど、1分1秒を無駄にしないように工夫して、限られた字あkンを有効に活用し、充実した時間を過ごしています。

2つ目の間【空間】

2つ目の”間”は”空間”です。”空間”には、様々な意味がありますが、一つは場所です。人はそれぞれ、集中できる場所と集中できない場所があるものです。集中できない場所で仕事や勉強をしていてもなかなか捗りませんが、場所を変えることで集中し、スピーディーに行えるようになります。

ちなみに、家では集中できないという人いませんか。私もそうなんです。家は「くつろぐ空間」と頭が認識してしまっているので、仕事モードに切り替えられなかったり、本を読むことに集中できなかったりします。ですから、家で集中したいのであれば、仕事部屋とか作業部屋をつくって、くつろげない空間を作ってしまうの一つの手法です。

このように環境を整えたり、環境を変えることで、良いアイデアが浮かんだり、飛躍的に成長した来することはよくあります。自らが”空間”を選び、よりよい”空間”を創り出していくことができれば、自分を操り、人生はより豊かになっていきます。

3つ目の間【仲間】

3つ目の間は”仲間”です。私は大学までアメフトやっており、仲間意識はかなり強い方だと思うのですが、この仲間というのは非常に重要な存在だそうです。

類は友を呼ぶという言葉がありますが、逆もまた然りです。どういうことかというと、より意識の高い人や視座が高く、良い影響を与えてくれる人と付き合うことで、自らを磨くことができます。裏を返せば、意識を引く人を仲間としてりうと、自分の意識も低くなってしまいます。そうならないようにするためには、志を高く持つことと同時に、志の高い人とは良く接することが重要です。志低い人と疎遠になる必要まではありませんが、自分の中での線引きは必要かもしれません。私も、コンサルタントという仕事柄、多くの経営者や意識の高い人と出会います。ある時気づきましたが、私の周りの意識の低い人は私の周りには極端に減ってしまったんですね。若干寂しい気持ちもありますが、去る者追わず今を生きてます。ただ、毎日が刺激的で成長の日々を過ごすことができるようになりました。

また、よきライバルを持つことも重要です。この人には負けたくないというライバルの存在は成長を加速させます。

最後に

これら3つの間を大切にすることで間違いなく人生は好転するそうです。この話を聞いて、研修講師やセミナーを開催するときには、有意義な価値ある時間を過ごしてもらえるように、セミナー(会場)という空間で、会場にいる受講生という仲間意識をもってもらうように気を付けています。

読んでくださったみなさんの”間”が素敵なものになれば幸いです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

応援クリックお願い致します!