職場のエンゲージメントを高める3つのポイント

職場において、エンゲージメントを高めたいと思う管理者の方や経営者の方は多いのではないでしょうか。今回の記事では、エンゲージメントを高めるポイントについてお伝えします。

エンゲージメントってなに??それいるの??って方は前のブログをご覧ください→こちら

ポイント1:将来に向けた有意義な展望

エンゲージメントと幸福感を持つうえで、自社の何が「有益」または「無益」なのか。最も「後押し」または「妨げ」になるものは何か、このビジョンが重要です。それは、自分自身について、有益かどうか、自分の在りたい姿への後押しになるかどうかです。この個人の素晴らしい展望と、組織の展望が結びついている状態が好ましいです。

経営コンサルタントとして、様々な会社をみて社員教育にも携わらせていただきましたが、言えることは、会社の将来が「明るい」と言える人はそこで自分の学びを得ようとしますし、「暗い」という人は明るいステージに行こうとします。もちろん、明るいステージの方が楽しそうかつ、自分を輝かしくしてくれそうと思うからですね。

ですから、組織が明るい未来を描かず、しかもしれを従業員の個人的な展望と結びつけず、しっかりと伝えてもいなければ、エンゲージメントは高まらずに、その結果人材を失うことになるのです。

ポイント2:意義のある目的

多くの人が、自分の仕事は有意義であり、重要な仕事であると感じたいと思ってます。さらには、自分の貢献が非常に大事ななにか(自分、家族、お客様)の役に立っていると感じたいのです。それが、会社の最高部にいる人たちを除けば(会社のトップは、社員の育成や会社を大きくすること、世の中に貢献することを目的としていると信じてます笑)、情熱やエンゲージメントを掻き立てられような目標なんです。

その意義ある目的、例えば会社の「経営方針」が真に意義のあるものでなければなりません。

ポイント3:素晴らしい人間関係

「人は組織に加わり、上司から去る」ことは当然の事です。そのなかで、上司との関係がぎくしゃくしているのは、非常につらいことでしょう。同僚とのいざこざもきっと辛いでしょう。(僕の場合は早々に同僚は消えました・・・)リーダー・マネージャー・監督・従業員が口をそろえて言うのは、緊密で信頼と支えあいに基づく人間関係は、自分の精神状態とチームへの貢献心に大きく左右します。

話も聞いてくれない、好きでもない上司に、「仕事頑張れ」って言われたとしても、きっと右から左へ流れてしまうでしょう。それが、尊敬できる、単純に好きな上司であれば、この人の為に頑張ろうと思うこともできます。

どうしたら、信頼されるかという議論になるかもしれませんが、信頼されるためには、まずは信頼をすることです。信頼するって何かというと、「信じて、頼ること」。はい、難しくないはずです。

まとめ

以上をまとめますと、職場で幸福を感じるために、エンゲージメントを高めるためには、展望、目的、人間関係なのです。職場で自分の価値観にあった働き方、そして素晴らしい人間関係の気づき方を見出すのは、個々人がやるべきだという考えはあるかもしれませんが、組織運営者も気を付けていかなければならないことです。

シンプルかつ、現実的で、リーダーは従業員のエンゲージメントを望むならば、展望をどう描くか注意を払い、個々人の仕事を自社の大局的な目的に結び付け、信頼関係を気づいていきましょう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

応援クリックお願い致します!