スーツで差をつけろ!スーツの選び方3原則

仕事柄、見た目をかなり気にしてます。自分が気にすると、他人の服装も気になります。。。服装ってすごく大事なんですね。もしよければこちらもご覧ください。→こちら

また、多くの女性から言われること、、、それは「スーツ男子かっこいい!」男性の整然としてたスーツ姿に色気を感じてしまう方もいらっしゃることでしょう。しかし、その当人は、スーツが身近な存在すぎて、いつもお決まりのネクタイを合わせて、制服のような着こなし、まじめすぎて垢抜けない漢字の野暮ったい服装になってしまうこともあります。スーツはオーダーでも既製品でも、皆さんをカッコよく魅せるものです。ここでは、魅せるスーツ選びをお伝えします。

①ジャケットは肩と胸で選ぶ

とくに肩はスーツの命です。ジャストフィットさせてください!

よく、大きめのスーツを着ている人を見かけます。バブル期のようなぶかぶかのスーツは今の時代、正直カッコ悪いです。一昔前に買ったものしかないという方は、買いなおしましょう!肩から首にかけての美しいラインを作り、身体にフィットさせるだけで抜群いカッコよくなります。

小柄な方は、自分の肩よりスーツが大きいと貫禄が出るどころか、よれっとしてしまいます。胸板もないとよけいにスーツが大きく見えて、スーツに着られてしまうのです。小柄でやせた人ならなおさらジャストフィットさせましょう。

②ビジネススーツは量より質

体型に特徴があるなら、オーダーはそれをカバーをした提案をしてくれます。資金にゆとりがあるならそれに越したことはありませんが、最近は比較的安い値段でパターンオーダーできるものもあります。

2つボタンと3つボタンが主流ですが、おおがっらな人はVソーンが広く開いた2つボタンの方がシャツがすっきり見えるのでスマートに見えます。もし3つボタンのジャケットを選ぶならできるだけボタン位置が低めのものを選びましょう。

ジャケットを選ぶときは、背を鏡にして映して後ろ姿の美しいものを買いましょう。質のいいものは後ろ姿に変な引きつりやしわができません。

③足元まで姿見でチェック

スーツが決まっても、惜しいのはパンツ(スラックス)の竹は異常に短い人、男性も女性並みに美脚、足長に見せるために細身のパンツが流行っていますが、直立したときに息栖が見えるようでは脚が短く見えます。実際に靴も履いてきちんとvチェックしましょう。

ズボンの裾丈は高のところで折り目ができるくらいの丈が品よく見えます。裾上げの際は、まっすぐ立ち、きちんとウエストの位置を確かめたうえで測ってもらいましょう。全体のバランスは靴を履いた状態で鏡から1m以上離れて確かめてみてください。

みせっるスーツ選びは3原則は基本です。しかし、意外と3つすべてをクリアしているひとはいません。だからこそ、この記事を読んでいただいた方はビジネススーツで差をつけてください。

最近では、オーダースーツも比較的安く購入することも可能です。一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

応援クリックお願い致します!