これは知っておいてほしい!シャツ選びの基本

みなさんはスーツの下にはシャツを着ますよね。はい、当たり前のことです。ただ、シャツってそもそも何?ってところから、これは知っておいてほしいと思いますので、以下にまとめました。

もともとシャツは下着に属するものです。ですから、シャツを脱いでうろうろするのはヨーロッパではマナー違反です。一部、夏のオフィスでは空調の関係で脱いでいるのは仕方ないですが。ただ、夏に多いのが、外出する時も半袖シャツでいる人ですね。確かに暑いのでその気持ちは非常によくわかりますが、「魅せる」ということを考えると避けたいところです。アジアの国では、気候の関係もあり、半袖を正装と位置付けている国もありますが、日本はうーん、、、なんとも言えないところです。ここではグローバルスタンダードでいきましょう!

長袖を着る?半袖を着る?

略式で楽してるように見られるよりも、他人のために装う意識があり、威厳があるように見せるなら、まずは長袖のシャツを着用しましょう。実際にあなた自身が第三者の目線で鏡を見てみてください。例えば、商談に半袖の人と長袖の人が同時に出てきた場合、どちらが力強く、しっかりしていて地位が高いと見えるでしょうか。一目瞭然です。

半袖は、カジュアルで地位が低く見えます。これを逆手に利用するなら、フレンドリーさをアピールするために、フレンドリーが売りのサービス業では、年中半袖でもいいでしょう。実際に多くのファーストフード店では、半袖ユニフォームが着用されていますね。

長袖シャツの場合、どんなものを着用すべきか考えますと、素材・色・襟の形に注意しましょう。

シャツの選び方

素材

まずは、ポリエステルがいっぱい入った薄い素材だと、シワになりにくいです。しかし、着心地、吸湿性においては、コットン素材に勝るものはありません、さらに、その下に肌着を着ている場合、透けて見えてダサく見えます、下に来ているものが白いTシャツなら良いですが、柄があるものやU首のランニングはやめましょう。

首回り

また、肝心なのが首回りです。小さすぎて第一ボタンを外しているとだらしなく身メア寿司、大きすぎて首との間に隙間ができてしまうのも、力弱く見えてしまうのです。私の場合、昔アメフトをやっていましたので、首が太く、しっかり図ってベストのサイズのシャツを心がけています。

次に、色は濃いほどカジュアル度が増します。薄いほどフォーマル度が高まります。ワイシャツの語源である「ホワイトシャツ」は魅せる男ならまず外せません。そして、男性色とも言える青色系は爽やかさや知性をアピールします。好みもありますが、私はこの2色をビジネスマンのモテカラーと呼ぶこととします。笑

ただ、白いシャツは汚れが目立つので要注意です。2日連続できる人はあまりいないチオ思いますが、背後から覗く首元の汚れや擦り切れ、手元の袖口の汚れはイメージダウンです。

襟の形

顔の形とのバランスを考慮に入れることをおすすめします。顔が小さい、または細長い人は、襟先が長く、襟の開きが狭い、ロングカラーは益々華奢に見えてしまいます。襟が広いワイドスプレッドカラーの方が似合います。逆に、顔が大きく、ぽっちゃりしているなら、あまり襟先が横に広がらないレギュラーカラーの方がおすすめします。

これでも、何かバランスがおかしいなと思う人は、襟の開く角度と、ネクタイの太さがちぐはぐなのかもしれません。ワイドスプレッドのような襟が開いているタイプは、ネクタイを細く結ぶと、結び目以外まで見えてしまいます。襟の開き具合によって、その結び目も太くしていくと似合いますよ。

最後にジャケットを着てのチェックです。シャツは上着の襟、袖口からともに1~1.5cm出ていることが基本です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

応援クリックお願い致します!