お洒落は季節から

男性のビジネスファッションもオシャレ化しています。先日、スーツ屋さんに行ったのですが、見た目はスーツ中身はジャージ、嘘だーと思って着てみたらほんとにジャージ!デザインも豊富で選べるこれは素敵だと思って購入してしまいました。

街中のビジネスマンを見ても、カッコよく自分らしさを出しながらスーツを着ていて、知性的な人が多いです。女性は常に服装に気を遣っている人も多い印象ですが、男性の場合は、無頓着な人と頑張っている人の2択に分かれることが多いです。では、お洒落派と無頓着な人にはどんな差があるでしょうか。

お洒落派は、①デザイン ②色 ③値段 で選んでおり、

無頓着歯は、①値段 ②色 ③デザイン で選んでいるようです。

これを読んでくださる方はある程度お洒落派かもしれませんが、さらに、①生地 ②デザイン ③色 ➃値段 の基準でえらんでみてはどうでしょうか。よい生地を着ていると好感度は上がるでしょう。オーダーでも生地選びは考えていた久郷がいいです。でないと、国会議員みたいにギラギラ主張する姿で好感度を下げることもあります。

服装は、体温調整の目的で着ます、ですから、季節に合わせていく必要があります。昔から着物が好きな女性特に季節感のあった絵柄を装います。桜の咲く前に桜の柄を着るなど、先物柄に手を出すことが通って感じしますね。桜の咲いている時期に桜をいつまでも着ているのは、桜に着られているといっても過言ではないでしょう。(←意味不明ですが笑)

着物だけでなく、ファッションに気を遣っているかどうかは、衣替えの早さで分かります。いくら上質なカシミヤのコートをいつまでも着ていても、春らしいジャケットにはかないません。マナー研修でもよく伝えますが、お洒落はある種で我慢なんです。新しいシーズンを少しだけ先取りするのが最高級の着方かもしれません。

なんならスーツの専門家に聞くのも一つの手段ですね

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

応援クリックお願い致します!