【一条工務店 i-smile】高気密住宅ってなに

一条工務店の住宅は気密性能がすごく高い!!それはよく知られていることなんですが、高気密住宅らしいです!!高気密住宅ってどういうことでしょうか。

気密測定

そもそも、気密測定(屋内と屋外の無駄な空気のやりとり)は、建物や間取り、設計によっても異なるようです。そのため、一等ごとに実測する必要があるようです。一条工務店では、実際に建築された建物で、専門の測定機械を使用し、一棟ごとに丁寧に測定してくれるのです。

実際に見に行ってきたときには、大工さんが現場監督が熱心に語ってくれました!「今このお風呂場の気密性高めるための仕事してるんだけど、このホースの隙間を埋めないと気密性が高い数字にはならないんだよ~~」え??どこのホース??と思って聞いてみると、お風呂の下!!そこって、家の中とあんま関係なくない??って聞いてみると、お風呂場冷えたり、浴槽がやや冷たかったりするとイヤでしょ!?ってこと。お風呂の床は床暖は言ってますが、浴槽までは考えてなかった!けど気密性が高いおかげでばっちり。

一般住宅と高気密住宅との違い

さて、一般住宅と高気密住宅の違いをお伝えします。

例えば、気密性を考慮していない、45坪の一般住宅の隙間は、1㎡あたり、約10c㎡の穴が開いている計算になっているようです。これは、家全体の隙間が、はがき約10枚分!つまりは、小さな窓ほどの穴が開いているイメージですね!平成11年に改訂された、次世代省エネルギー基準では、延べ床面積1㎡あたりの隙間面積が2c㎡以下と定められました。そんな次世代エネルギー基準を満たした家でも、家全体でははがき2枚分の隙間はある計算です。

これに対し、一条工務店の家では、「i-smile / i-smart / i-cube」等々では、はがき1枚分以下の隙間にしかしていないようです!!このように、隙間が極めて小さい建物を「高気密住宅」または、「超気密住宅」と呼ぶようです。

高気密住宅のメリット

では、高気密住宅のメリットをお伝えします。気密性を高めることは、外気の影響を受けにくくなります。そのため、温度・湿度のコントロールがしやすく、効率よく換気が行えるようになります。

また、屋外には、湿気をお含んだ空気、冷機や熱気、車の排気ガス、花粉やカビの胞子、害虫などの様々な有害物質があります。それらは、住宅の隙間から室内に侵入して、快適なマイホーム生活を脅かすものになりかねないのです。わずかな隙間しかないこ「高気密住宅」なら、こういった有害物質を退けて、最高のマイホーム生活にしてくれるのかなと思います。

実際に住んでみないとホントの良さは分からないかもしれませんが、引き渡しが楽しみにですね!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

応援クリックお願い致します!