【一条工務店 i-smile】地震に強いツインモノコック構造ってなに?

一条工務店の建物(i-smart、i-cube、i-palet)は地震に強いツインモノコック構造だそうです。天井、床、壁の面で受け止めて力を分散するそうです。

一条の家は、「壁」「床」「天井」を強力に結びつけた、強靭な箱型の構造で、箱型のツインモノコック構造です。巨大地震などの強い外圧を「面」でバランスよく受け止めて、力を分散させ、高い耐震性能保っているそうです。これが、すべての安心を支える住まいの基盤となります。

大地震でもゆがみにくい「ツインモノコック構造」の秘密は、力の受け止め方の仕組みにあるそうです。従来の「木造軸組構法」では、外から受ける力を柱が交差する“点”で受け止めてるらしいですが、これでは接合部分に力が集中してしまいます。そこで、各階を六面体の箱型パネルで構成することによって、その力を“面”で受け止め、外からの力を分散。耐震性に優れた、ゆがみにくい建物になるんですって。

建物の強度を支える壁のことを一条工務店は、「耐力壁」と呼び、その強さは「壁倍率」という単位で表されます。一条さんの家は、建築基準法の認定上の上限値である「壁倍率5倍」の強度を持った耐力壁とのこと。

建物には、耐力壁が地震の揺れに耐える強さの中心となる「剛心」と、建物の重さの中心になる「重心」があります。その重心と剛心のずれを「偏心」と呼び、ずれの程度を「偏心率」といいます。この値が大きければ大きいほど、地震の時に建物がねじれやすく、耐震性が損なわれるのです。一条では、この「偏心率」が小さくなるよう、厳しい社内基準のもとで設計しているそうです。(筆者は詳細は、、、よくわかっていないのですが笑)

床には、耐力壁と一体となり、重力の方向にも、水平方向にも強さを発揮する「剛床」を採用しています。さらに、1階・2階の天井に構造用合板を採用し、水平方向の剛性をさらに強固に。壁の四面を上下からしっかり挟み込むことで、強い六面体をつくっているようです。

「壁」「床」「天井」それぞれの面が強くても、接合が弱いと地震の力で建物がねじれてダメージを受けてしまいます。ツインモノコック構造では部材同士を主に釘でつなぐため、その数や長さが耐震性に大きく影響します。 一条では決められた基準に対して最大2倍以上の釘を増し打ちし、長さ最大1.5倍の釘を使うことで、強固な耐震構造を実現しています。さらに現場で釘を打つ箇所にあらかじめ工場でマーキングするため精度も高く安心です。青いマークのところには青い釘、赤いマークのところには長さの違う赤い釘を打つそうです。実際見てきましたが、これは間違えようがないですね!さすが一条さん!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

応援クリックお願い致します!