【就職活動】業界別必要なスキル サービス業 コンサルティング編/マスコミ編/人材編/不動産編

どうも~まえさんです。

今日からは幅広いですが、サービス業についてお伝えしていこうかなと思います。農林漁業とせいぞうぎょういがいはすべてサービス業ですからね、多種多様です。その中で、共通している部分があって、人が人に対して、無形商材を提供して対価を得る仕事ということです。その向け遺物の付加価値アがどこから生まれるのかによって、求められる人材も異なるわけです。

今回は、私も務めています、コンサルティング業界についてお伝えしていきます。

コンサルティング

コンサルティングとは

まず、コンサルティング業界で求められる能力は、コミュニケーション能力・論理的思考力・ストレス耐性です。

コンサルティング業界は、人気業種の一つですが、ざっくりいうと、クライアントの悩み相談にのり、やる気を出させて、もしくは具体的にやることを決めて実行させることが付加価値です。

クライアントが、コンサルティングに支払うコンサルフィー(金額)は決して安くはありません。そのコンサルフィーをもらってクライアントに苦言を呈する業務ですので、正論を履く打でなく、相手が納得できるだけのコミュニケーション能力が必要です。また、よくコンサルタントには、論理的思考力が重要であると思われがちですが、論理的思考力はあくまで一つの要素に過ぎず、高い人間性やコミュニケーション能力の方が重要です。論理的思考力は訓練によって身に付きますしね。

また、コンサルタントには、視覚というものはありません。出会った時から、顧客企業の業務だけでなく、業界の動きにも精通していることが望ましい姿です。そのためには、一般的な経営知識のみではなく、手早く情報を集めるキャッチアップ力が必要です。

注意!

特に新卒の方には注意して頂きたいです。専門知識や高度知識が求められる中で、クライアントがコンサルタントに求める水準は何かと高いです。その中で、経営者が新卒の若手に何かをお願いするかというと難しいでしょう。一人前になって頼ってもらえるようになるまでには少し時間がかかるため、修業期間として最低5年はかかるのではないかと思います。

クライアントから、いろんな要望をされるため、その都度調べたり、資料をまとめたりしなければならないので、必然的に労働時間は増えます。それを楽しめる人、もしくは、耐える忍耐力やストレス耐性が必要です。

マスコミ

次に、色合いは変わりますが、マスコミについてお伝えしていいますね、

マスコミでは、情報感度と、きあっく力や構成力が求められます。

新聞や出版物、テレビなど、いずれも、一から創り出すという価値提供なのです。その価値を創り出すのはまさしく人材であり、高い情報感度、企画力、構成力が求められます。マスコミ業界で働く人は、いろいろな多くの情報に分け隔てなく接するという特性上、人当たりが良く、フレンドリーな人が多い印象があります。

その一方で、水かrなお企画や構成を通すために、半ば強引な要素もあります。皆さんの考えた企画が世の中にウケるか受けないかがすべてですから、企画力とともに、自分の考えをしっかりと持ち、かつ、フットワークが軽い人が多いでしょう。

人材・不動産

人材業界、不動産業界において求められるスキルは、コミュニケーション力とスピード感です。

自社で多数の登録人材を抱えて、顧客企業に派遣したり、転職斡旋したりする業種です。不動産賃貸業を同じグループに入れると、「あれ?」と思うかもしれませんが、ビジネスとしては類似しているのです。そのため、求められるスキルも似てくるのです。この業種の特徴は、商材と顧客が競合他社と重なり、差別化が難しい業態です。具体的には、ある人材は、A社、B社、C社にも登録していて、ある顧客企業は A社、B社、C社にも登録しているということが良くあります。不動産も同じです。商材と人が変わるだけです。

そういった業界に求められるのは、とにかく他社よりも先に動くスピード感と、「この人に任せよう」と思わせるだけのコミュニケーション力の高さに尽きるといっても過言ではないでしょう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

応援クリックお願い致します!