【就職活動】業界別必要なスキル メーカー編

こんちは!まえさんです!就職活動頑張れ~と思いながら引き続き書きます!

製造業は、昔は、日本の代表産業として、位置づけらrてきましたが、2009年から、GDO構成比がサービス業が1番になってしまったんです、だからメーカーは先がないという人も為にいらっしゃいますが、そんなことはなく、貿易収支の子黒字の大半を稼いでいる、日本の代表なのです。

メーカーといっても、多くの種類があるので、それぞれを伝えていると、きりがありません。ですので、ざっと、まとめてお伝えし遅行と思います。

そもそも、メーカーのビジネスモデルが近年変化していることを皆さんは知っていらっしゃいますか。

かつでは、加工貿易が中心で、原料を買って、日本で加工して輸出する形態でした。しかし、現在は、日本企業の製造拠点や販促地域は大半が海外であり、加工貿易は当てはまらなくなってきているのです。あえて言い換えるなら、商社の事業投資型に近いような気がします。海外死者が海外で原料を買い、海外で加工し、海外で販売し、最後に利益だけが日本本社に連結されるような構図なのです。

つまり、メーカーで働く多くの人が商社同様にグローバルであり、経営者や投資家目線も後々には必要になってくるでしょう。一般的に商社の駐在は3~5年、メーカーは5~10年と言われているそうです。また、商社の海外拠点は多くても、数百人だが、メーカーだと、工場があるため、従業員が1万人を超えることもあります。

その中で、必要とされるスキルは、コミュニケーション能力、高い専門性であると言えます。製造部門にしろ、営業部門に白、コミュニケーションは必須。その中で、コミュニケーション苦手なままですと、仕事に支障が出ることでしょう。また、仕事をしていく中で、多くの情報(他社情報、顧客情報等)に出会います。その出会った情報をいかに活用できるかという点も最近は求められる能力の一つです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

応援クリックお願い致します!