【一条工務店 i-smile】太陽光発電は売電するほうがいい?蓄電するほうがいい?

太陽光発電で、貯めた電気を使って自給自足だ!と思っている人も多いのではないでしょうか。僕もそう思ってました。

一条工務店の太陽光発電は、最初の10年は、一条工務店が、売電価格を担保してくれます!

しかも、結構高い!売電価格ってどんどん下がってくれますが、この「固定価格買取制度(FIT)」がしっかりしてるおかげで高く売れます。

固定価格買取制度(FIT)とは、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)は、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスの再生可能エネルギー源を用いて発電された電気を、国が定める価格で一定期間電気事業者が買い取ることを義務付ける制度。

まぁこれを考えると、太陽光で蓄電をしたものを使うよりも売電して、普通に電気代を支払う方がお得になるそうです。うちだと、月間売電価格2万円、電気代1万円で、トータル1万円のプラスになる予定です。

10年後、もしくは、20年後に、売電価格がめちゃくちゃ下がったってことがあれば、売電から、自給自足に切り替えることができるようになっています。

なので、これから家を建てるとか、太陽光パネルをつけるとか考えている皆さん、無料で付けます「その代わり、売電じゃなくて、自給自足で、余った分は会社がもらいます」ってのに騙されないようにしてもらいたいと思います。

まぁ、無料でつくならいい気もしますが。

どうするのが、自分の家計にとってベストなのかよく考えてくださいね!

今回は短めですが、以上!さよなら~

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

応援クリックお願い致します!