床暖房のデメリット2選

こんにちは~まえさんです。

みなさん、新築を建てる時に一度は考えるのが、床暖房の存在ですよね。

足から暖かいとか、後から付けることができないから。。。とか、いろいろ考えることと思います。そういったメリットがある中で、一方でデメリットがあるから、皆さん考えるんですよね。

今日はそのデメリットについてお伝えしていきます

 目次

非表示

初期費用

デメリットの堂々たる1位は「初期費用がかかる」これに尽きると思います。

配管を施工し、熱源機を取り付けて、ガス給湯器からそろえる場合には導入の初期費用は100万円前後になることもあるでしょう。もうね、個々は見積もり出してもらってみてください!会社によって異なりますし、どの範囲で床暖房をつけるかによっても変わってきますので。

また、定期的な点検も必要で、部品を交換したり、修理をすることになれば、それに対するメンテナンス費用も必要になります。

このデメリットは皆さん承知の通りだと思いますので、今回はここまでにしておきます。

乾燥

本日お伝えしたいのは、乾燥についてです。

冬には乾燥して、さらに、暖房付けるともう、喉は砂漠地帯。朝起きたら完全に干からびています。

どうして暖房をつけると乾燥してしまうのでしょうか。暖房器具を使うことで室温は上昇しますが湿度は低下し、乾燥の原因のひとつとなっています。

これは、エアコンも同じ。むしろエアコンは部屋の高い位置から暖かい風を出すので、風を使って暖かさを拡散しますが、足元が寒く感じやすく、室温を上げがちです。

室温が5℃上がると、湿度は10%程下がります。

肌を洗濯物に例えると、気流(風)が肌にあたることによって、その水分を奪っていることがわかりますね。そういう意味では、乾燥は床暖房に限ったことではないので安心してください。

ただ、エアコンはおそらく電源を入れたり切ったりすると思いますので、定期的に乾燥と潤いを循環させることになります。ただ、床暖房は常につけっぱなし!冬に付けたら次切るのは春です!

そのため、常に乾燥している状態と言えます。ここがデメリットかなぁ。むしろ、エアコンと比較するとメリットに代わってしまいます!

あれ。。。デメリットを伝えるつもりが、メリットになってる!!

とりあえず、床暖房信者になってるので、デメリットはあまり伝えられませんでした。ご容赦ください。。。

では、この辺で。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

応援クリックお願い致します!