【仕事術】仕事のレベルを上げる問題意識の持ち方

ビジネスマン成長の為の基本についてお伝えしていきます!
今回は【問題意識】というテーマでお伝えします!

「問題」と聞くと、ネガティブなイメージを持たれるかもしれませんが、「問題」は私たちが成長する上で必要不可欠なものです。
今回は、「問題」とはそもそも何なのかについて確認し、問題意識を持つことの重要性をご理解ください!

では、早速考えてみましょう。皆さんは日頃、どのような時に「これは問題だ」と感じますか。

例えば会社の始業時間に間に合わず、遅刻をしてしまう。あるいは提出した書類に誤字脱字などの不備があれば、多くの人が「問題だ」と感じるでしょう。
では、次のケースではいかがでしょうか


ある会社の始業時間は午前9時です。ある日、AさんとBさんは8時55分、始業時間ギリギリに出社しました。
このことをAさんは「始業時間に間に合ったから、問題ない」と言いました。一方、Bさんは「始業時間には何とか間に合ったけど、ぎりぎりに出社することは問題だ」と言いました。

たしかに、始業時間の9時までに出社すればよいという考えであれば、Aさんの言うように問題はないでしょう。
しかし、始業時間の9時から仕事に取り掛かるべき、という考えであれば、8時55分に出社していては、仕事に取り掛かるための準備時間を十分に確保することができません。
そのため、Bさんの言うように、この時間に出社することは問題となるでしょう。
このように、問題は人の意識の差によって変わってくるのです。
それでは、問題の定義について確認していきます。

問題とは

問題とは、「こうなりたい、こうあるべきだ」、という、理想・あるべき姿とそうではない現状の「ギャップ」を言います。

人によって「理想・あるべき姿」もしくは、「現状」の捉え方に違いがあり、ギャップの有無や大きさが異なることがあります。その為、同じ事象でも問題意識を持つかどうかは人によって異なるのです。
そして、この「ギャップ」を埋めていく、つまり「問題」を解決することで、理想・あるべき姿に近づき、私たちは成長していきます。

問題意識を持つことで、私たちは成長するキッカケを掴むことができるのです。

問題意識を持つためには

では、問題意識を持つためにはどうすれば良いのでしょうか

①理想・あるべき姿を明確にする必要があります。
 日々仕事をする中で、一つひとつの事柄に対してどうあるべきか、常に考えるようにしましょう。
②そして、現状を正しく理解把握してギャップを認識し
③自ら問題に気付けると良いでしょう。

私は良く研修で質問するのですが、「仕事において、今何か問題を抱えていますか?」と質問すると、時々「特に問題はありません」と、返答する方がいます。

問題がないということは、「理想・あるべき姿」と「現状」にギャップが生じていないということです。
つまり、現状に満足している状態です。人が成長するためには、「こうなりたい」とか「こういうことができるようになりたい」といった理想を掲げて、その理想に向かっていくことが必要です。
そのため、「問題がない」ということ自体が、大きな問題なのです。

ポイント

では、問題意識を持つだけで成長していくのでしょうか。次に成長スピードを速めるためのポイントについて確認します。

  • 問題意識の高い人は、次に同様のミスが起きないように、原因を把握し、改善の対策を打ちます。
  • 問題意識の低い人は、ミスをしたことに反省はするものの、原因を深く考えることなく、同様のミスを繰り返してしまいます。

このように問題意識が高い人と、そうでない人では、ミスをした後の行動が異なります。ミスは誰にでも発生する可能性のあるものです。

ミスをしないことはもちろん重要ですが、成長の為に大切なポイントは、失敗した経験を糧にして、二度と同じミスを繰り返さないように、行動を改善することです。
改善行動が習慣化されれば、確実に仕事のレベルは上がっていくことでしょう。
以上、問題意識でした。

今後もより大きく成長していくために、高い問題意識を持って、仕事に取り組みましょう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

応援クリックお願い致します!