【仕事術】仕事の質を高めるPDCAサイクル

どうも~まえさんです。

みなさん、PDCAサイクルという言葉を聞いたことはあるでしょうか。
「PDCAサイクル」とは、問題解決の手法の一つであり、より質の高い仕事をしていくために、非常に大切な考え方です。
本日は「PDCAサイクル」とは何なのか、そして、その重要性についてお伝えします。

ミスや失敗は誰にでも発生する可能性があります。ミスや失敗をした時に大切なのは、同じ失敗を繰り返さないために、理想・あるべき姿に向かって、改善を強く意識し、行動に繋げることです。
そのために必要となるのが、PDCAサイクルです。

PDCAサイクルとは

PDCAサイクルとは、【Plan、計画】【Do、実行】【Check、確認】【Action、改善】のサイクルを言います。このPlan、Do、Check、Actionを繰り返し行うことで、問題を効果的、効率的に解決することができます。

Plan(計画)

Plan(計画)とは、「あるべき姿に到達するためにはどうすれば良いか、改善策や実効策を立てる」ことを言います。
上手く計画を立てる為には、

  • Why:目的
  • What:ゴール
  • Who:誰が
  • When:いつ
  • Where:どこで
  • How:どのように
  • How much:どのくらい

と言った、5W2Hを意識して計画を立てると良いでしょう。計画は、期限や数値目標を明確にし、より具体的に設定するようにしましょう。

Do(実行)

次に、Do(実行)とは、「計画に沿って実行する」ことを言います。
計画をToDoに落とし込み、優先順位をつけながら確実に実行しましょう。

Check(確認)

次はCheck(確認)です。
Checkとは「実行の度合いを確認する」ことを指します。
計画に対してどのくらいの達成度なのか、定量的、定期的に確認するようにしましょう。計画との乖離を把握し、実行したことの良し悪しを判断することで、次のAction(改善)に繋げることができます。

Action(改善)

続いて、Action、改善です。
Actionとは、「実行の度合いに合わせて、更なる改善や修正を試みる」ことを言います。
Checkした結果、良かった点は継続的に行い、悪かった点はどのように改善すべきかを考えます。できない理由を探すのではなく、どうしたらできるようになるのか考えて、前向きに軌道修正を図りましょう。

より質の高い仕事をしていくために大切なことは「PDCAサイクルを回し続ける」ということです。そうすることにより、更に良い仕事ができるようになります。

もし、当初の目標が達成できたら、新たにより高い目標を掲げましょう。そして、PDCAサイクルをより早く、より丁寧に回していくことで皆さんの成長スピードは加速していくことでしょう。


ビジネス・業界(その他・全般)ランキング にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村