【嫁の子育て日記】30日目<初めての入院>

昨日の夕方から計6回程吐き戻し、最後には大量の嘔吐。

熱も8度近くあったので23:30市民病院へ。
嘔吐、熱は問題なしも採血の結果ビリルビンが22とかなり高めな数値で即入院。

部屋がとても寒いのに「裸で光に当てます。」と。

「部屋の暖房をつけて」と頼むも「つけられない」と返事があり、こんな寒い中裸で娘を置いておくなんて…と、この時点でメンタルズタボロ。

説明の看護師も新人らしく、「服着替えますか?」と言われても、「いまから裸で光に当てるんだよね?」
意味不明で「体温が下がってきたらまた考えましょう」とかほざき、メンタル死亡。

看護師が居なくなってから、5:00頃にも関わらず、出産した産婦人科に泣きながら電話して、「そちらに転院させてください」と。でも、そこの助産師さんにいろいろ教えてもらい、助けてもらい感謝。

「保育器の中は体温でとても暖かくなるから赤ちゃん寒くないよ」って。「看護師の対応が嫌だったって先生に言いなさい」って。少し落ち着けた。

その後別の看護師さんがきて、ナースステーションの方が暖かいからと、別の対応が出来るまで置いてくれることに。

朝にはNICUから借りてきた温かい空気送る機械を装備してもらい部屋で娘と過ごせることに。

母乳性黄疸で光線療法。明け方から昼まで当てて、22→21しか減らず、最短の退院は8日。光が目に当たらないように目隠しされて、泣き続ける娘。

抱くこともできず、声をかけるだけ。
授乳の時間に目隠しをとるも、涙で目隠しは変色し、しーちゃんの目はボンボンに腫れて目も開かない。
昨日、目が合ったのに。ニッコリ笑ってたのに。
可愛い声でおしゃべりするのに。今は悲しい顔でしゃくりあげながら寝るだけ。
抱っこしてって泣いてるのに抱けないのが辛い。
治療自体は大したことない。
でも私の涙は止まらず、親子で目がボンボン。

こんなに長い1日は初めて。心配で寝られない。

夕方には私もしーちゃんも少し落ち着いてきて、授乳の時には目が開けるように。
私も頑張ろうって、元気に声をかけ続ける。退院したら抱っこして離したくない。

そうだよね。心配だし、初めてだからよくわからないし、そんなときに一緒にいてあげられないなんて、悔しいね。
退院したらいっぱい抱っこしようね。

<最初から読む> ←前日へ 翌日へ→

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

応援クリックお願い致します!