【お金の知識】NISAとは(NISAの種類)

NISAとは、投資で得られた知恵気が非課税になる制度です。
投資を始めるなら、ぜひ利用しておきたい仕組みです、
NISAには3つの種類がありますが、初心者にお薦めなのは”つみたてNISA”です。

税金をゼロにする

お金を効率よく増やしていくためには、少しでも有利なところにお金を置いておくことが大切です。その「有利なところ」のひとつがNISAは、2014年にスタートした、少額の投資で利用できる非課税制度です。

投資の利益には、通常、20.315%の税金がかかります。
しかし、NISAを使った投資ならば、この税金がゼロにできるのです!税金がかからない分、利益がでた際に受け取ることができる金額が増えるため、お金をより効率的に増やすことができるのです。
浮いたお金をさらに投資に回せば、お金が増えるスピードはどんどん加速します。

たとえば、NISAを使った投資で100万円の利益が出たとしましょう

本来なら、20.315%の税金がかかるので、79万6850円を受け取ることができます。しかし、NISAで運用していれば、税金がかからないため、100万円が丸ごと受け取れます。つまり、20万円もの差が出るのです。

非課税でお得にするために、NISAを利用する人はどんどん増えています。NISAは、これから投資でお金を増やしたいならば、まず活用すべき制度なのです。

3つのNISA

NISAには、全部で3つあります。それぞれ、1年間に投資できる金額、利用できる人、運用できる商品が異なります。

NISA

一般的な「NISA」は、1年間に投資できる金額は120万円と、もっとも多い制度です。
年間120万円までの投資で得られた利益が5年間非課税になる制度です。
投資信託や株式で運用します。

つみたてNISA

つみたてNISAは、非課税で投資できる期間が20年間となっており、最も長い制度です。
年間40万円までの投資で得られた利益が20年間非課税になる制度です。
金融庁が定めた投資信託の積み立てで運用します。

ジュニアNISA

未成年者が利用できる制度です。
年間80万円までの投資で得られた利益が5年間非課税になる制度です。
株式や投資信託で運用します。
2023年で廃止予定です。

NISAも、つみたてNISAも一緒に始めようかなと思った人もいるかもしれませんが、NISA口座は1人1口座しか持つことができないルールになっています。

同時に2つの制度を利用することができません。(年単位で種類を切り替えることは可能です。)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

応援クリックお願い致します!