【鬼滅の刃】遊郭編 音柱・宇随天元 上司としてのポイント

どうも~ご無沙汰しています。
まえさんです。

今回は、大人気アニメ「鬼滅の刃」鬼殺隊の頂点に位置する『柱』の一人で、音の呼吸を操る『音柱』宇随天元の魅力について語っていきます

まず!!「派手に」が口癖お祭り男です。

遊郭編においては、炭治郎、善逸、伊之助らを指揮して、上弦の陸・妓夫太郎 (ぎゅうたろう)・堕姫(だき)を相手取って戦い、100年以上ぶりに上弦を倒すという快挙を成し遂げました。
そんな音柱・宇髄天元を上司にしたいと思う人もいるのではないでしょうか。
(特に女子!!)

宇髄天元は、現実の世界にいたら、心理学的にもかなりモテる要素が満載です!
その超絶かっこい!宇髄天元の魅力の正体に迫りたいと思います!

見た目

天元の特徴としては容姿の美しさに加え、身長198cm、体重95kgのたくましい肉体!
(世の中の男性よ!筋トレしてください!)

あるアメリカの実験結果で、家具屋さんの入り口に屈強な男を立たせたところ、売り上げが10%以上伸びたという報告があるのです。
男性は、闘争本能があり、その「屈強な男に勝つためには。。。」と自然と頭で考えてしまうそうです。そうした中で、勝つためには、お金で勝つという深層心理が働いて、お金を払いやすくなるという実験結果があるそうです。

体格がいい人を上司に置くと、闘争本能が働いて、部下もめちゃくちゃ働くようになるかもしれませんね。

私は、研修を主に仕事をさせていただいておりますが、やはり見ためというのはとても大事です。体格が良いと自信があるように見えますし、声もよく出ます!つまり、体格が良い人の話のほうが話を聴いてもらえるのです。

人想い

作中で、任務に命を賭けることが当然だった3人の妻たちに、天元が「俺は派手にハッキリと命の順序を決めている まずお前ら三人 次に堅気の人間たち そして俺だ」と言っていました。

与えられたミッションを達成することが、周囲から求められることなのは間違いありません。仕事においても、与えられた受注目標や売上目標、そのためにとにかく行動しなさいという上司は多いです。
そんな時に部下は、自分のことなんてどうでもいいんだと思ってしまっては、心が離れていきます。良い組織を作るのは、売上ではなく、なんです。人を大切にしている天元様にはみんなついていくでしょうし、妻3人も満足でしょう!

最強のメンタル

鬼殺隊の柱たちは戦闘能力が高いだけではなく、鋼のメンタルが必要不可欠と言えるでしょう。『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』での炎柱・煉獄杏寿郎もそうであったように!

遊郭で上弦の鬼・堕姫、妓夫太郎と戦った音柱・宇随天元は、毒が回って、全身傷だらけの満身創痍の状態でも、高らかに笑います。そして、最終局面のシビアな場面でも笑顔で「勝ちにいくぞーー!!!」と叫びます。こんな瞬間に「頼りがいがある」って思ってしまうのです。

どんな時でも、前向きに目標を見失わない、あきらめない姿はきっと炭治郎も、善逸も、伊之助も付いていこうと思ってことでしょう。

なにかを達成できると思っている人にしか誰もついていきません、なぜなら、できないと思っている人にはやっぱりできないからです。できると常に言い続けることって案外難しいんです。

ここでの「勝ちに行くぞ」のポイントは、「自分だけで達成する」のではなく、「みんなで達成する」ということを言っていることに周りの人は感銘を受けるのでしょう。仕事においても、実力者であれば、自分一人でやったほうがいいことも多いのは間違いないです。しかし、天元は、炭治郎も、善逸も、伊之助を信じて、全員で勝ちに行くことを願ったのです。

信じる

天元は上弦の鬼・堕姫、妓夫太郎に向かって、炭治郎らを「こいつらは三人共優秀な俺の継子だ」「逃げねぇ根性がある」「手足が千切れても喰らいつくぜ!!」と言って奮起させます。そんな天元の姿は、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』で炭治郎たち若い隊士に「君たちを信じる」という言葉を残した煉獄杏寿郎と重なります。

人間は誰しも承認欲求があります。承認欲求とは、「他人から認められたい、自分を価値ある存在として認めたい」という欲求のことで、「尊敬・自尊の欲求」とも呼ばれています。承認欲求には「自己承認欲求」と「他者承認欲求」の2つのタイプがあるのです。

上司から自分の仕事ぶりを高く評価されれば、「もっと頑張ろう」とさらにモチベーションが高くなります。テストの点数について褒められれば次のテストは満点を取ろうと気合いが入るでしょう。つまり結果を出すために、モチベーションを高く維持できるのです。

その結果、ノルマ達成や成績アップなどの成果をもたらし、仕事ではどんどん昇格し収入も上がっていくのです。
また承認されることで、「上司や同僚が自分の仕事をきちんと見てくれている」「適切に評価してくれている」という安心感を得られます。

他者から自分を認めてもらえれば、自己肯定感が高まります。自己肯定感は、自分が自分である状態に満足し、自分の価値や存在意義を受け入れられることで、自己肯定感が高まれば自信につながります。

いかがでしたか、みなさんも音柱・宇随天元のような上司・先輩を目指してみませんか

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

応援クリックお願い致します!